英文レターのヒント

no image
0view

2020/3/10

強い言い方をやさしくさせる便利な言い回し

最近のビジネスはグローバル化が進み英語を第二言語として使用している方が多くなりました。 そんな中で、ビジネスで使用される英語は、より簡略に分かりやすい言い方が使われるように変化しています。 とはいえ、失礼な言い方や威圧的な文章になってしまいますと、円滑なリレーションシップを続ける事ができなくなってしまいます。 そんな時に言い方を和らげてくれる便利な言い方があります。 最初にこの分を付ける事で、ずいぶん相手に対する印象が違ってきます。 すみませんが。 I’m afraid that 残念な事に Unfort ...

no image
0view

2020/3/10

英文レターで勝手な推測は厳禁

英語ビジネスレターでは、こちらかの勝手な思い込みは厳禁です。 常に事実を相手に伝えることが重要であり、それに対して相手がどう思うかは相手の判断にゆだねられこちらが推測する問題ではありません。 たとえば、よく日本で行われる言い方に、 この条件は貴社にはきびしいとは、存知ますが何卒宜しくお願いいたします。 I think this condition might be hard for you to accept but・・・ などがありますが、これは余計なお世話でありこの条件が厳しいかどうかは相手が判断いた ...

no image
0view

2020/3/10

英語表現は分かり易く

英語ビジネスレターと聞くと、ついつい難しい英語表現をしないと相手に馬鹿にされるのではと考え、普段使ったこともない英文をあちこち参考書を調べては書き足している方が多いのではないですか。 日本語のビジネスレターにはそのような感覚があり大きな会社になるほど見たことも無いような表現や熟語を好んで使用してある意味こちらの教養の高さを相手に知らせるような部分があります。 しかし、これは日本のような単一民族の中ではよいのですが、英文ビジネスレターとなると全く意味が違ってきます。 英語は地球的標準語である今、この英語を使 ...

no image
0view

2020/3/10

英文ビジネスレターはなるべく簡素に

普段書きなれない英文ビジネスレターを書いていますとついつい何通も書くのが面倒になり1つの英文レターに多くの用件を詰め込んでしまいがちです。 これは、何も英文レターにかかわらず日本語のビジネスレターでも同様のことが言えます。 しかし、相手に英語でこちらの意向を確実に伝えるにはなるべく一通の英文ビジネスレターには一つの用件だけを書くことが望ましいと言えます。 いくつもの用件を書いてしますと、相手もそれぞれの用件に気持ちが散漫となり結局いい結果を得ることができません。 また後日、相手に用件に対する意向を聞く場合 ...

no image
0view

2020/3/10

英文ビジネスレターの良く間違える注意点

英語の構成と日本語の構成の違いから派生するさまざまな間違いが英文ビジネスレターには起きやすいです。 英語の場合には時制がとても重要なのに比べて日本語のそれは実にあいまいで文の最後の部分が~す。~た。で時制が変化してしまい途中の文には何の違いもありません。 このような感覚で英文ビジネスレターを書いていくととんだ間違いを犯してしまいます。 英文ビジネスレターでは時制により英単語が変化しますので、この時制の間違いを気をつけなければなりません。 また万が一の間違えのリスクを軽減するためにも、英文ビジネスレターでは ...

Copyright© 英語でビジネスレターにゼロから挑戦/書き方を徹底解説 , 2020 All Rights Reserved.