英語のビジネスレター

英語でビジネスレター

最近は企業もグローバル化の波にのり、大手だけでななく中小企業しいては、個人経営でも海外に向けて英語ビジネスレターを書かなければいけない事があります。
日本の手紙も公式な手紙になりますと、今まで聞いた事のない文字があちらこちらに出てきます。

その点では英語のでのビジネスレターも同様で、決まった書き方やフォームがいくつか存在します。
その手紙が公式になればなるほど、そのルールは厳しく限定されてワードを使用する事になります。

英語のビジネスレターでは、タイトルや最初と最後の文を見ますと大体中に書いてある内容の80%は把握できるようになっています。
逆に言いますと、海外では当たり前のビジレスレターの書き方を知りませんの契約できるビジネスもダメになってしまう事があります。

私たち日本人も企業間で交わされる手紙が稚拙な言葉で書いてありますと、その相手企業が大丈夫なのか心配になってしまいます。
「こんにちは、、、よろしくです。」などで書かれた手紙が来たらやはりこの企業の質を疑わざるを得ません。

英語を使用したビジネスでも同様で、最低限の決まりや略語が分かっていませんと相手が書いてきた文章の本当の意味も理解できませんし、相手にもこちらの丁寧さが伝わりません。

日本語と英語の構造の違い

日本語は最後まで聞きませんとその人の言いたい事が分からない構造の言語です。
私は明日行きません。(行きます)と最後の2文字を聞くまでその意向が分からないのです。

一方、英語は最初に結論を言ってから、その説明に入る形をとる言語です。
日本人の感覚と真逆にありますので、やはりその形式を良く理解していませんと、間違った形で相手に内容が伝わってしまう事があります。

当サイトでは初めての方にも分かりやすいように英語のビジネスレターについての基礎や例文を多く掲載しています。
最悪場合にはそのまま例文を使用して内容を自分の会社にしてしまうなどの荒手もできますので便利に使用して下さい。

メールでの英文とビジネスレター

最近はメールでの連絡が多く、日本人でもメールでの英文の書き方は良く理解している方も多くなっています。
凄く簡単ですぐに相手に伝わるのでとても便利です。

スマホからも返信できたりと利便性も抜群なのですが、正式なビジネスレターではそれは通じません。
英語圏は、契約の社会で契約道理に事が進まないとすぐに訴訟されてしまう危険があります。

英文のメールは比較的ラフが書き方もしても皆さん慣れていますのでそれを見て失礼とは思いません。
ですが、契約になると急に事情は違ってきます。

しっかりと決まった書き方に沿って書いておく必要があります。
日本でも契約になりますと、指定されたフォーマット(形式)でないと受け取ってくれない事も多々あります。

英語のビジネスレターには大きく2つがある

英語のビジネスレターの書き方は大きく分類すると2つのタイプに分類されます。

  • アメリカ式(フル・ブロック・スタイル)
  • イギリス式(フル・インデント・スタイル)

だいたいこの2つの形式で書かれていれば失礼になる事は無いのですが、オーストラリア、カナダ、シンガポール、インドなど元々イギリスの影響強い国では、イギリス式を使う傾向があります。
ですが、実際にどちらの形式を使ってくるかは、相手から送られてくるビジネスレターを見るまでは分かりません。

日本では、アメリカの影響が大きいので比較的アメリカ式で相手にビジネスレターを送る事が多いです。

Copyright© 英語でビジネスレターにゼロから挑戦/書き方を徹底解説 , 2020 All Rights Reserved.