英文ビジネスレターはなるべく簡素に

 

普段書きなれない英文ビジネスレターを書いていますとついつい何通も書くのが面倒になり1つの英文レターに多くの用件を詰め込んでしまいがちです。

 

これは、何も英文レターにかかわらず日本語のビジネスレターでも同様のことが言えます。

 

しかし、相手に英語でこちらの意向を確実に伝えるにはなるべく一通の英文ビジネスレターには一つの用件だけを書くことが望ましいと言えます。

 

いくつもの用件を書いてしますと、相手もそれぞれの用件に気持ちが散漫となり結局いい結果を得ることができません。

 

また後日、相手に用件に対する意向を聞く場合にも、どの用件に関して話しているのか特定がしづらくなります。

 

またこちらの意向に関係なく、相手の感覚で用件の優先順位が設定されてしまい肝心の大切な用件が後まわしになってしまう事も起きます。

 

このような理由から一つの英文ビジネスレターには、一つの用件を書くことを基本にしていきましょう。

 

悪い点
・相手の注意が分散されてしまう。
・こちらもどれがお願いしたことなのかはっきりしなくなってしまう。
・相手の都合のよい解釈によりこちらが意図していたことが後回しにされてしまう可能性が高い。

 

慣れない内は特に一つの英文ビジネスレターを作成するのに時間も掛かりついついいくつもの内容を一つの英文レターに入れてしまいがちですが、一つの英文レターには一つの内容で、いくつも英文ビジネスレターを作成してみましょう。

 

そうすれば、自然に力もつきだいたいの言い回しも分かってきますので、後は自由に書いていけます。

 

何通も書いて練習・練習・練習です。